本文へスキップ
南極OB会

南極OB会の活動の紹介のページです

南極OB会JARE Club


南極OB会とは

 南極OB会は、南極観測隊員(オブザーバーを含む)、「宗谷」乗組員、運営委員会から推薦された者を会員とし、さらに、本会の活動に関係が深く入会を希望する者を,運営委員会の推薦により「会友」と認められた者で結成した有志の会です。基本的に南極観測隊員は帰国後は自動的にOB会員となります。
 南極OB会は、会員の親睦と南極に関する知識の普及活動を行い,南極事業の発展に寄与することを目的とし、その目的を達成するために、次の事業を行っています。
 ・会員相互の親睦向上のための諸事業
 ・南極OB会会報の発行
 ・南極観測発展に協力・寄与するための諸事業
 ・その他本会の目的を達成するために必要な事業
 ・会員・会友の名簿管理
 南極OB会会則及び会則運用規程はこちら(別画面で開きます)です。南極OB会会則、 運用規定のページへ

南極OB会からの連絡と機関紙の紹介


南極OB会からのお知らせ

 南極OB会からのお知らせは、こちらをご覧ください。南極OB会からの お知らせページへ
 メールを登録頂いている方には、一斉メールにて情報をお知らせしておりますが、添付ファイルや詳細情報が必要な場合は、その旨記載されていますので、「会員専用のページ」から参照ください。
 「会員専用のページ」は、パスワードが必要ですので、ご連絡時にメールに記載されているパスワードを入力ください。

南極OB会の会報と通信費のお願い

 会報「南極」を年3回発行しています。
 通品費(3000円/年)を納入頂いている方には、発行の都度、郵送しております。
 通信費が未納の方はお手元に届きませんので、通品費の振込みをお願いします。
 なお、会報「南極」のバックナンバーは、半年程遅れて、こちらに掲載しています。

 南極OB会会報「南極」を見る

イベント会場では記念品の販売も行っています

 南極観測50周年記念事業の中で、記念品や出版をおこないました。
 イベント会場では、飴や出版物を販売することもあります。
 
 南極OB会 カレンダー
 年末恒例、月めくりカレンダーを作成・販売しています。
 
 南極カレンダーの紹介(例:2018年10月)

 (左)大型カレンダー   (右)小型カレンダー

2019年版・受付中

■ 大型カレンダー(2019年南極OB会名入りカレンダー)
  「日本極地研究振興会」の南極カレンダーと同仕様のものに、「南極OB会」の名称が入ったものです。
  ※ 2019年の写真は、どんなの? → こちら(極地研究振興会のHP)をごらんください。

■ 小型カレンダー(2019年南極OB会 オリジナル小型カレンダー)
  南極OB会作成のオリジナルで、今回で5回目。
  見開きA3サイズ(閉じるとA4サイズなので、郵送も容易ですよ!)
  ※ 2019年の写真は、どんなの? → こちら をご覧ください。


  

役員名簿2017.9/25現在


南極OB会役員名簿(2017年度)

会長:國分 征

副会長:深瀬和巳、柴田鉄治、渡邉興亜、松原廣司、神田啓史

特別顧問:川口貞男、吉田栄夫、楠 宏、松浦光利

監事:大久保侃、吉村愛一郎

評議員:北村泰一、平山善吉、村内必典、中村純二、作間敏夫、大瀬正美、芳野赳夫、木崎甲子郎、
    小林昭男、星合孝男、平沢威男、多賀正昭、竹内貞男、木村征男、関 孝治、石渡眞平、
    小堺秀男、福嶋 博、高尾一三、島﨑里司、北村 孝、吉野正明、内山長徳、上竹嘉和、
    磯貝重信、坪井清彦、小枝鉄夫、島﨑満雄、宮本武昌、佐藤 保、倉田 篤、茂原清二、
    石角義成、大平慎一

各幹事名簿

■隊次幹事(観測隊次別に幹事を選出しています。)
 宗谷時代全隊員および宗谷乗組員:高尾一三・平山善吉、
 7次:國分 征、8次:多賀正昭、9次:増田 博、10次:竹内貞男、11次:白壁弘保、
 12次:柴野浩成、13次:福谷 博、14次:芦田成生、15次:五十嵐正文、16次:船木 実、
 17次: 村上雅健、18次: 岩井邦中、19次:五十嵐喜良、20次: 川久保守、21次:勝田 豊、
 22次: 奥村 睦、23次:大塚英明、24次:神田啓史、25次:野元堀 隆、26次:川久保 守、
 27次:荻無里立人、28次:馬場廣明、29次:土井元久、30次:野元堀 隆、31次: 佐藤正樹、
 32次: 長谷川裕、33次: 沼波秀樹、34次:浅香隆二、35次:阿保敏広、36次:川久保 守、
 37次: 堀辺敏男、38次: 金尾政紀、39次:渋谷和雄、40次: 北風好章、41次: 石井要二、
 42次: 岸田浩輝、43次:桜庭俊昭、44次: 池田 博、45次:阿保敏広、46次: 行松 彰、
 47次:山口正人、48次:坂本好司、49次:牛尾収輝、50次:小達恒夫、51次:本吉洋一、
 52次:山内 恭、53次:山岸久雄、54次:渡邉研太郎、55次:宮岡 宏、56次:野木義文、
 57次:門倉 昭、58次:本吉洋一、59次:土井浩一郎
 >隊次幹事は確認中を含む。関係母体の推薦によって決められる。

■職域幹事(定常観測、報道、オブザーバー等の幹事)
 報道:田口章利、気象庁:福谷 博、国土地理院:吉村愛一郎、
 情報通信研究機構(旧電波研):山崎一郎、ふじ・しらせ:久保 崇
 >職域幹事は確認中を含む。関係母体の推薦によって決められる。

支部長名簿

 北海道支部:山田知充、 青森支部:島崎恵理、 秋田支部:井上正鉄、 新潟支部:小林俊一、
 宮城支部:森岡 昭、 信州支部:鈴木啓助、 北陸支部:川田邦夫、 茨城支部:安仁屋政武、
 東海支部:五味貞介、 京都支部:東 敏博、 阪神支部:(再編、調整中)、
 山陰支部:大谷修司、 山陽支部:渡部和彦、 四国支部:(調整中)、 九州支部:村上雅健、
 沖縄支部:木崎甲子郎
 >支部役員名簿はこちらをご覧ください。

各委員会名簿

■運営委員会
 神田啓史(委員長)
 松原廣司(事務局長)、芦田成生(記念品)、 阿保敏広(広報)、大竹 潤、加藤美雄、
 久保 崇(ふじ、しらせ連絡)、小林正幸、三枝 茂、柴田鉄治(広報)、白壁弘保(会合)、
 田中洋一(会計)、野元堀 隆(アーカイブ)、福谷 博(広報)、山岸久雄(支部)、渡辺興亜

■広報委員会
 柴田鉄治(委員長)、松原廣司、福谷 博、阿保敏広

■アーカイブ委員会
 野元堀 隆(委員長)、神田啓史、渡辺興亜

■南極教室
 里見 穂(委員長)

■企画委員会・記念事業継続委員会
 渡辺興亜(委員長)

■事務局
 松原廣司(事務局長)、長谷川慶子

 運営委員会メモ

 南極観測50周年の記録


南極観測50周年記念行事の活動記録です。

 第1次南極観測隊が、南極観測船「宗谷」で南極を目指したのは昭和31年11月8日でした。
それから50年の平成18年11月8日をメインイベントとし、その他講演会、出版、記念品等の記念事業を行いました。日本南極観測50周年記念事業の取り組みを記録として残しています。
南極観測50周年 記念事業を見る

  

アクセスACSSES


南極OB会事務所の周辺地図



 住所: 〒101-0065 東京都千代田区西神田2-3-2 牧ビル301
 TEL: 03-5210-2252(南極OB会事務所)
 FAX:  03-5275-1635
  ※ 事務所に担当が不在時は留守電になっております。
 メール: 通常のメールをお使いの場合はこちら→ 
 このWeb上から発信する場合はこちら→