Category Archives: レポート(2006年度)

「南極地域観測50周年記念事業」準備会 報告

平成18年2月10日、南極OB会北海道支部「南極地域観測50周年記念事業」準備会が、北海道大学百年記念館で行われました。
以下に議事録を記します。ただし、個人名や特定企業名は伏せさせていただきました。


  • 日時:平成18年2月10日 1800~1930
  • 場所:北海道大学百年記念館 第二会議室
  • 出席者:12名(内、札幌圏外2名)

議事録:南極OB会が主体となって開催する今回の「南極地域観測50周年記念事業」は、マスコミが大々的に取り上げてくれる可能性が高く、国民の関心を引きつけるであろう事から、国家プロジェクトとして推進されている南極観測事業の意味や意義を市民に説明すると共に、南極での我々の日常生活や南極のすばらしさを紹介し宣伝できる千載一遇のチャンスと捉えて実施したい。記念事業の実施を通して、道内の様々な分野で活躍している約100人の南極OBが互いに交流し、親交を温め、助け合えるような関係が構築されることを望みたい。


1. 事業内容に関する検討

1-1. 事業対象者講演会・映画上映・展示会 → 南極OBと市民

50周年祝賀会 → 南極OBと家族、お世話になった企業や団体、機関。

1-2. 講演会・映画・展示会・祝賀会の開催時期は11月中の日曜日とする。また、これらは午後から夜にかけて一日のうちに実施する。(←何か困ったことが起こらない限り)
1-3. 市民対象の催しは1300から1800までの5時間程度を目安とする。
1-4. 祝賀会は2時間程度を目安とする。
1-5. 事業実施場所は札幌駅北口付近にあって交通の利便性の良い場所とし、勤務先が近くにあるHS川が会場の下見、会場として適当と判断される場合の借り上げを担当する。
1-6. 講演会の会場は映画が上映でき、200名程度収容可能な会場とする。展示会は講演会場の近く、できれば講演会場と同じ建物の同じ階で開催する。
1-7. 講演は科学分野(雪氷、地学、気象、電離層/オーロラ、海洋、生物など)と設営分野(設営、調理、通信、医療など)のバランスを取る。講演に使える時間は映画上映と休憩の時間を勘案すると4時間を超えない。講演題目と講演者については昨年6月に挙がった講演会案も含めて今後検討し、具体的な内容を詰め、講演者の決定や依頼などを行う。
1-8. 映画の上映時間は長いと飽きるので最大でも30分程度とする。映画の選定や上映の仕方の細部は今後詰める。
1-9. 展示会は未来を担う子供が喜んで学べる様な内容としたい。南極の氷など興味を引くものを展示する。展示内容や展示方法、展示の説明に南極OBを配するかどうかなどを今後詰める。
1-10. 祝賀会は、ミッドウインター祭を再現したい。屋台を出し、南極の氷+コンクや南極で作っていたと同じように冷凍食品を使った料理を振る舞うなどしたい。南極の食料納入でお世話になった方々を招待したい。パーティの規模や具体的内容、司会者、招待者は今後詰める。

 2.道支部記念事業委員会の設立

2-1. 記念事業の効率的な実施を図るため、南極OB会北海道支部内に「南極地域観測50周年記念事業北海道支部委員会」(今後は単に記念事業委員会と呼ぶ)を設置する。当該事業は誰の本務でもなく、人生の余裕で悠々と楽しみながら実行すべきことから、委員会への新たな参加や委員の交代は適宜融通無碍に行うこととする。

現在の委員と役割分担は以下の通りである。

役割分担 主たる分掌事項 委員
総括 全体の調整など A藤・Y田・K村
庶務 庶務、連絡、極地研対応 S藤
会計 会計に関わる事項 K島
監査 会計を適宜監査 Y崎
講演会 講演依頼、会場の設営と運営 Y山・K田
映画 上映映画の選定など HS川
展示会 展示品の入手と展示 SKR
祝賀会 会場の設営と運営 N村・S崎
2-2. 次回委員会の開催は3月末を予定。
2-3. 次回までの作業:

  • 会場の予約
  • 事業担当委員は今後の作業日程を含む具体的な事業計画と予算案を作成
  • 各事業内容について検討を要する場合、各担当者は資料を準備

3.その他

3-1. 宣伝をどうするか?チラシやポスターを印刷配布するだけでも結構な資金が必要。

→ 新聞、TV局などマスメディアを活用。

3-2. 北海道は広いので地方でも何らかの50周年記念事業の実施を検討。
3-3. 予算案が出そろった後、道支部独自の寄付を募る必要があるかどうか、共催金付きの適当な共催機関はないか等を検討。
3-4. 南極OB会のホームページが立ち上がった。

http://www.jare.org

 

南極観測50周年記念行事 詳細案内

当記念行事は2006年11月26日終了しました。 おかげさまで大盛況でした。
当日の様子はコチラでご紹介しています。

 titleposter記念事業について

日本が初めて南極に観測隊を派遣したのは1956 年のこと。2006 年11 月に50 年の節目を迎えます。これを記念して南極OB会北海道支部は南極観測50年の歴史と現状、意義や成果などをわかりやすくお伝えします。
普段は南極の情報にふれることの少ないあなたに、南極観測を知っていただく絶好の機会です。子ども向けの楽しいイベントも盛りだくさんです。

ご 案 内

と き:    2006年11月26日(日) 13:00~17:00
ところ:     北海道大学 学術交流会館
札幌市北区北8条西5丁目
(北海道大学正門を入って直ぐ左側にある建物)
主 催:     南極OB会北海道支部
http://jare.org/north/
共 催:     日本雪氷学会北海道支部
http://www.seppyo.org/hokkaido/
後 援:    北海道大学、日本気象協会北海道支社

クリップボード01

50th-menu

 

南極観測50周年記念事業北海道支部委員会 報告(2)

平成18年9月12日、南極観測50周年記念事業 北海道支部委員会が、北海道大学百年記念館で行われました。
以下に議事録を記します。ただし、一部を除き個人名は伏せさせていただきました。

  • 日時:平成18年9月12日(火)18:30~20:00
  • 場所:北海道大学百年記念会館第2会議室
  • 出席者:8名

記念事業の名称(案):南極観測の50年  -極地の研究と生活-
開催日時:    平成18年11月26日(日)13:00~17:30
開催場所:    北海道大学学術交流会館

記念事業の形態:南極OB会北海道支部主催・日本雪氷学会北海道支部共催
事 業 対 象 者:南極観測関係者、日本雪氷学会会員、一般市民 100~150名Max200名
事 業 内 容:
1)講演会師と話題(敬称略)
50th-lecture

2)映画会
映画上映    南極の詩    30分

3)展示会
展示内容:

  • パネル(深層コア掘削、解析、結果を示す一連のパネルを含むこと)、岩石標本、隕石、深層コア、南極氷河氷、しらせ・雪上車模型など。
  • マネキン一体と防寒装備3~4式。
  • 但し、輸送経費との兼ね合いで取捨選択があり得る。
  • 樺太犬のパネル3枚ほどA藤氏が準備。
  • 50周年記念ビデオ (DVD)、NHKやSTVの南極番組を借りてビデオプロジェクターで会場に流しっぱなしにする。
  • 場内のテレビ画面に昭和基地の影像や気象情報を表示するなど、南極とオンラインで結んで楽しいことをする。

4)受 付

  • 記念品販売:記念品の種類把握。借りて販売し残れば返送できること。
  • 記   帳:参加者の氏名と連絡先を記帳。どこからどんな人が来場したかを把握。
  • 雪氷学会出版物販売ブース設置。
  • 極地研制作のパンフレット準備 種類と数量検討。
  • 南極観測50周年記念事業寄付申込書類準備。
  • 極地振興会への入会パンフレットと入会申込用紙準備。

 

そ の 他 準 備
1)宣伝活動

  • 記者クラブで資料・ポスターなどを持参して発表。
  • ポスター作成・掲示。
  • 会場玄関の看板作成。

2)支部独自の募金活動? ←当日話し合われなかったが、必要となる可能性あり。
3)来場者用パンフレットの作成(挨拶、イベント紹介、講演のスケジュールとレジメなどを掲載)。
4)前日から当日、撤収日のタイムスケジュールと人員配置案の作成。
5)支部交付金の配分要請、南極観測50周年記念事業北海道支部用の口座開設。

南極観測50周年記念事業北海道支部委員会 報告

平成18年4月21日、南極観測50周年記念事業 北海道支部委員会が、北海道大学百年記念館で行われました。
以下に議事録を記します。ただし、個人名は伏せさせていただきました。

  • 日時:平成18年4月21日(金)18:00~20:10
  • 場所:北海道大学百年記念会館第2会議室
  • 出席者:5名

記念事業実施上、今のうちに決めておかなくてはならない事項について討議された。以下に今回決定・確認された事項を記す。記述上、これまでに決まったことも含んでいる。


1)記念事業の開催日時 (平成18年11月26日)

  • 講演会・映画会・展示会:13:00~17:00(4時間)
  • 南極観測50周年記念祝賀会:18:00~20:00

2)開催場所

  • 講演会・映画会
    北海道大学:学術交流会館(北大正門前N8W5)1F小講堂(含映写室、208名収容)
  • 展示会
    北海道大学 学術交流会館 ロビー
    前日18:00-20:00に搬入、翌日09:00~12:00に搬出。
    展示物デポ場所の小部屋確保
  • 祝賀会
    未定。候補→北海道大学百年記念館 キャラ亭+大会議室

3)展示会

  1. 展示物は本部から貸与され、送料は本部から支出されることが前提。会場費、掲示板や机、椅子の借料は不要となるよう努力。
  2. 仕事量が多いのでK田委員が担当委員に加わる。
  3. 地方の展示会用の展示物が3セットOB会本部で準備される。それらの展示物の内容を確認し、他に必要な展示物があれば本部に要望を出す。
  4. 展示内容について様々なアイデアが提案された。以下に列挙する。
  • CRT画面で例えば「基地の生活」、「研究観測活動」、「内陸旅行」、「車両の変遷」などをビデオ又はスライド影像でエンドレスに見せる。
  • CRT画面で「古い南極の映画」や「オーロラの影像」をエンドレスに流す。
  • 南極の氷河氷のかち割りを準備し、楽しんで貰う。
  • 南極の野外観測のフル装備を着用したマネキンを立たせ、その傍に羽毛服やD靴を3~4組おいて子供達に自由に着て遊んで貰う。
  • 雪上車や橇、プレハブ建物の一部などが展示できると面白いのだが。
  • 展示場の片隅に記念品類の販売コーナーを設ける。

4)講演会 (本部は地方講演会に講師派遣を斡旋するとしている(HP参照))

  1. 講演対象は南極OB、市民 200名位
  2. 講演会と映画会で4時間なので講師は4名とし、講演時間は1人50分程度
  3. 講師は研究系から2名、設営系から2名
  4. 研究系の講演は、内容が易しくて面白く、有意義な講演であることが期待される。
  5. 南極観測50周年記念の講演会だから研究面に軸足を置いた「日本南極観測50年の歴史」が講演のできる講師が必要ではないか?支部にいなければ本部に派遣を要請する。

5)映画
まだ時間があるので面白い映画をじっくり選ぶ。幾つか面白い映画を選び講演会場で上映すると共に、展示会の片隅でもエンドレスで流す。講演会場で上映する映画の映写時間は30分程度
6)祝賀会

  1. 祝賀会の参加者は南極OBと南極関係者で、恐らく50名程度ではないか?
  2. 祝賀会会場については百年記念館と折衝する。
  3. 会場が許せば、祝賀会会場で南極の映画を流してはどうか?

7)その他

  1. 9月頃から宣伝開始→新聞、TVなど。
  2. 11月になったらポスターや看板の準備開始。
  3. 記念品販売担当委員をきめること。