南極観測~60周年記念講演会・写真展・展示会~ 開催

60th_eventlogo

 2016年、日本の南極観測が始まって60年を迎えます。これを記念して南極OB会北海道支部では記念講演会を下記の要領で開催致します。これまでの日本南極観測隊の活躍を紹介し、最近の観測から得られた過去70万年間の地球の気候環境変動の歴史など世界に誇る研究成果や越冬生活まで色々な話題が語られます。
 また、会場では南極観測隊の活動を紹介するパネル、自由に触れる南極の氷や南極隕石などの展示、試着が楽しめる南極観測隊が使っている防寒装備一式を展示します。また、子供達にもわかりやすい南極や北極のパンフレットも用意し、子供に人気のいろいろな雪と氷と寒冷をテーマにした実験ブースも設けます。是非ご参加ください。

とき:

平成28年7月9日(土)
13:00 開会
16:00~18:00 講演会

ところ:

北海道大学 学術交流会館
小講堂・会議室
(札幌市北区北8条西5丁目:北大正門を入り左側の建物)

参加費:

無料

1.講演会 16:00~18:00

「南極観測60年の歴史」
講師:白石和行 (国立極地研究所 所長)

「なるほど!昭和基地の越冬生活」
講師:及川 欧 (旭川医科大学病院医師 第56次越冬隊員)

「南極ドームふじ基地3035m氷床コアから分かる地球環境の変遷」
講師:亀田貴雄 (北見工業大学教授 ドームふじ基地越冬隊員)

 

2.南極写真展 13:00~18:00

 十勝毎日新聞社の塩原真氏(第57次南極観測隊員)が切り撮った南極の今を豊富な写真で紹介します。

 

3.体験学習コーナー 13:00~16:00

  • 南極隕石と南極氷床の氷に触れてみよう!
  • 南極観測隊員の防寒具を着てみよう!
  • 雪氷びっくり面白コーナー!