平成20年度総会 報告

南極OB会北海道支部の平成20年度総会が以下の通り開催されました。今回の総会では南極OB会の目的の一つである「南極に関する知識の普及活動」をより積極的に行うことが提案され、今後各方面からの求めに応じて会員有志を講師として派遣する体制を構築することが了承されました。  また、支部の会則を本部の定めた「南極OB会会則」に沿うように一部修正することとなりました。
総会に併せてこの春帰国した第49次夏隊の隊員からセール・ロンダーネ山地における地質調査とスウェーデン隊との共同で行われた内陸雪氷調査旅行についてご講演いただきました。


  • 日時:平成20年4月8日(火)18:00~20:00
  • 場所:北海道大学 百年記念館
  • 出席者:講演会 27名、総会 16名

1)南極OB会道支部総会(18:00~18:30)
<審議事項>
(1)平成19年度事業報告
(2)平成19年度決算報告と監査報告
(3)平成20年度事業計画
(4)平成20年度予算案
(5)砕氷艦「しらせ」の稚内誘致
(6)支部規約の改訂案
(7)その他
2)講演会(18:30~20:00
・阿部幹雄 「テントで暮らしたセール・ロンダーネ山地の3ヶ月」
・榎本浩之 「日本スウェーデン隊共同トラバース隊報告 -最近の南極観測事情ー」
・杉山 慎 「スウェーデンの南極観測隊」
3)帰国歓迎会
講演会終了後、付近の居酒屋で以下の帰国隊員を囲んでの帰国歓迎会が開かれ、13名の参加を得て大いに盛り上がりました。
阿部幹雄  第49次夏隊  設営一般(装備・フィールド・アシスタント)   報道写真家
榎本浩之  第49次夏隊  研究観測(雪氷)  北見工業大学
杉山 愼   第49次夏隊  研究観測(雪氷)  北海道大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です