はじめに

このサイトは、南極OB会 北海道支部が運営しているホームページです。
観測隊OBの情報交換の場、南極観測事業のPRなどを目的としたサイトです。
南極観測隊をあまりご存知ない方のために、簡単にご紹介させていただきます。
南極観測隊は正式名称を「日本南極地域観測隊 (JARE:Japanese Antarctic Research Expedition)」といい、一年間滞在する「越冬隊」と、夏期間のみ滞在の「夏隊」とで構成されています。
日本からおよそ1万5千キロかなた、地球の裏側とでも言うべき遥かなる大地「南極」では、様々な観測・測定が行われています。大気、雪氷、電離層、気象、宇宙、地学、地形、生物、医学の様々な定常的観測や、研究観測を毎日行っています。南極には世界中の空気が集まると言われ、いわば地球の自然環境を南極で知ることができるのです。
一方、観測者だけではとうてい一年間生活していけません。そこで、機械、電気、車両、調理、通信、医療、建築、装備、庶務、環境保全、大型衛星アンテナなどの各方面のプロフェッショナルも一緒に赴きます。そして全員で力を合わせて乗り切るのです。
さて、昭和32~33(1957~58)年に計画された国際地球観測年(IGY)では、世界各国が協力して未知の世界「南極」の観測・調査を行いました。我が国の南極観測事業は、昭和31(1956)年11月8日に第一次南極地域観測隊が出発して以来、平成18年(2006)11月に第48次隊を送り出し、50周年を迎えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です